じいじの告別式に参列して。

昨日 書いたように

今日は礼拝後 家族ぐるみでお付き合いのある

教会の信者さん一家の

 

じいじ こと MY さん の 告別式に

伴奏者として 参列させてもらいました。

 

改めて その経歴をうかがったところ

 

200年続く 漁師さんの家で

10人以上いる兄弟と共に育った とか

 

高卒で就職後、お金を貯めて

国立大学の工学部に入学して

エンジニアになったっとか

 

英字新聞の求人広告を見て

イタリアの商社の日本人スタッフとなったとか

 

最後は 自分で会社を立ち上げたとか…

 

そんな努力の人でありながら

苦労した話とか辛かった愚痴とかを

一度も聞いたことがなかったそう。

 

あの、豪快さは

こういう裏打ちがあったからだったんだな〜!!と

思わされました。

 

長男の K さんが

喪主の挨拶の中でおっしゃっていたのは

 

良くも悪くも 自由な人だった… と。

 

晩年、入っていた施設や、最後に入院した病院でも

ヤンチャしていたそうで…

 

この場を借りて、お詫びしたい… と Kさん。

 

告別式の中で みんなで歌う讃美歌の伴奏や

献花の間、BGM を 電子ピアノで弾きながら

 

じいじは どんなお顔で

あの棺の中で眠っているんだろう? と

少しモヤモヤした気持ちでいました。

 

普段、信者さんが亡くなった時の 告別式というのは

本当に 和やかで

 

どの方も例外なく むしろ

亡くなった時のお顔の方が輝いている!!

と思える方々ばかりだったのですが

 

教会に来ることを拒み続けた じいじは…?

と 思っていました。

 

式が終わって、準備の間少し待って…

 

棺を開けて、最後のお別れに お花を入れるその時に見た

じいじのお顔は

 

何と!(と言っては失礼ですが) 本当に 綺麗で

豪快、ヤンチャの姿が すっかり消えて

 

どこかの品のいいおじいちゃんが 微笑んでいる〜!!!

 

そういうお顔でした。

正直、本当にびっくりしてしまいました(めっちゃ失礼ですが)

 

家族全員が クリスチャンなのにも関わらず

とうとう 信者にはならなかった じいじ。

 

Y家 一族の中で 唯一 少し俗っぽい感じがする

ワイルドな人でした。

 

自由人で、お酒も大好きだった じいじだから

 

信者になってしまったら

色んな制約があるんじゃないか… と

 

それを窮屈に感じてしまっていただけで

 

信仰を持ちたい気持ちは

あったんだな… きっと。

 

そんなふうに思いました。

 

亡くなってからではありましたが

ペテロ という 洗礼名を もらった じいじ。

 

漁師の家に生まれ

 

聖ペテロ(サン・ピエトロ)大聖堂 のある

イタリアと関係が深く

 

また、使徒として、ホームランもあったけど

三振やエラーも多かった

子供のような純粋さを持った使徒 ペテロ の名 は

じいじの洗礼名として

ピッタリだな!! と思いました。

 

今は、先になくなった 奥様と

天国で再開して 喜んでおられることと思います。

 

家族葬 で 少人数ではありましたが

本当に あったかくて和やかな告別式でした。

 

今日の制作です。

そんなあったかいイメージで。

Seria の この糸で編みました。

それともう一つ

バッグの持ち手にしようかと

綿の糸で 編んでみたのですが

45cm弱の この持ち手を編むのに

一玉100円の この糸を ほとんど全部

使わなければなりませんでした。

2本で 200円… ちょっと高くなってしまいますね〜。

う〜ん。

イラストです。

せんそうやめるにゃー!!!

 

天国って、どんなところなのかな…

あんなに微笑んでるなって〜…

 

そう思った私は

退職まで あと 376 日です!!!

 

里親募集のサイトのリンクを貼り付けます。

飼いたくなったら買う前にここをクリック!!!

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。