ネックレス作り。作り方を書いてみます。

今日の記事は 広告を含みます。

 

今日は 雨。

 

涼しくて、本当に助かる… 😌

 

とか言っていたら、時々 結構な激しい雨になって

少々不安になる程…

適度に降ってくれればいいからね… 😅

 

ということで

今日も ネックレス作りをやりたいけれど

ビーズが 足りなくなってきていて…

 

 

でも、これなら 作れるかな!?

というのを 発見!!

ヤッタネ 👍

 

 

早速 制作に取り掛かりまして…

 

 

 

 

 

できました!

これです。

 

なんという絵画を見て作ったか

わかりますか?

 

 

 

ヒントは こちらも ゴッホの作品を見て作りました。

 

 

 

 

 

正解は…

 

 

 

 

 

ゴッホの 『花瓶のアイリス』という作品です。

色数が 少なかったので 作ることができました。

 

 

今日は 作り方を ご紹介します。

 

 

まず、参考とする 絵画の絵葉書を

目の前に置いて…

 

白いトレーの上に その絵画に使われている色の

ビーズを選んで 置いていきます。

 

 

この時、絵に使われている 色の割合を

ちょっと考えて置いていくのがポイント。

 

『花瓶のアイリス』の場合、一番多そうなのが

水色青。

 

次に多そうなのが 壁の黄色やテーブルや花瓶の

茶色がかった黄色

 

そして 葉っぱの 所々に 淡いミントグリーン

 

 

選べたら、絵を見ながら

絵の上の色は

首にかけた時に 上の方になるところに

 

絵の下の方は 下の方に 入れていくだけ。

 

 

ただ、入れる時に

同じビーズが 連なってしまうと

 

ベタっと塗ったみたいになってしまって

絵画っぽくなくなってしまうので

 

小さいビーズでもいいから

なるべく 違うビーズが

隣り合うように入れるようにしています。

 

名画 に使われている色って

本当に きれいで バランスが良くて

見ていて落ち着く色が使われているな〜

と思います。

超一流の 画家の作品なんだから 当たり前なんですが…

 

今日作った 『花瓶のアイリス』

鮮やかな黄色や青が 使われているようで

 

よく見ると 下地に茶色い色が

使われていそうだな…とか

 

青の中にも 白っぽい色や 黒っぽい色も

使われているんだな…

とか 気づくことがあって

 

それを なるべく見てとって

小さいビーズなどで再現するように していくと

 

ビーズの鮮やかすぎる 色の配列が

だいぶ落ち着いて見えるようになっていきます。

 

お・も・し・ろ・い です。

 

 

😊

 

 

明日は お花のお稽古の日です。

 

😊

 

前の月収を超えるまで157日目!

下の子の共通テストまで あと129日!!

目標体重まで あと 7.1kg です。

里親募集のサイトのリンクを貼り付けます。

飼いたくなったら買う前にここをクリック!!

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です